あみみ個人ブログ。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 |
羊毛2作目
2011-12-17 Sat 20:43
fe
羊毛さくさく第二弾ですよー。
初心者だった昨日よりはずっと上達したと思う!
でもまだよくわかんない所があったり、全体的にふわふわしてますw

手芸というより工作みたいなノリで作れるので楽しいです。

<追記>
あれからまたサクサク作って、ぬこを増やしてみました。
ぬこ好きな姪たちにあげる予定!
fe

スポンサーサイト
別窓 | 手作り |
羊毛ちくちく
2011-12-17 Sat 02:24
fe
羊毛を針でサクサク刺して形を作るのってなんか楽しそう!
と突然思い立ち、道具を買ってきてやってみました。
初作品です!
なので刺しが甘くてふわふわですw

でもなんかかわいく出来た気がする!

以下拍手レスー
羊毛ちくちく…の続きを読む
別窓 | 手作り |
ビスコッティ
2011-07-13 Wed 10:26
旅行記事の途中ですがビスコッティ焼いたので
その事を書くよ!

昨日ふと食べたくなったので作ってみた。
とっても簡単。


★材料

砂糖    90g
薄力粉   150g
ココア粉  大さじ3
ベーキングパウダー 小さじ2


ビタータイプのチョコ 70g
アーモンド  80g
卵    2個
粉砂糖  適量


1:アーモンドは軽くローストする。チョコも粗く刻んでおく。

2:薄力粉、ココア、ベーキングパウダーを合わせてふるい、砂糖を混ぜる。
  アーモンドとチョコも加えて混ぜる。

3:ときほぐした卵を加え、ゴムベラで混ぜる。

4:クッキングペーパーを敷いた天板の上に2本の棒状に生地を形作る。
  ゴムベラとスプーンの2本使いでやるとやりやすい。
  粉砂糖をたっぷりふるう。

ビスコッティ1


5:170℃のオーブンで25分焼く。幅1.5cmくらいに斜めに切る。

ビスコッティ2

6:150℃に下げたオーブンで切り口を上に向けて15分。反対に返して15分焼く。
  扉を少し開けたオーブン庫内でそのまま冷ます。
  密閉容器に保存。


飲み物にひたして食べるといいらしいです。
私はアルコールに弱くてワインなどは飲めないので、
ミルクティと一緒に食べたりしています。
コーヒーに添える方が一般的かもしれないです。
別窓 | 手作り |
クッキー
2008-02-08 Fri 18:29
クッキー

かわいい形のクッキーの型を買ったのでさっそく作ってみました。
クッキー型マニア(?)には有名なブリキのおもちゃのメーカーのものらしいです。
フォーク形のは抜く時に細い部分が多くて難しかったです。

で、アイシングもしてみました。
植物性食用色素を使っています。
色合いが優しくて好きです。
人にあげるときにアラザンを「仁丹?」とか訊かれちゃいましたw
仁丹じゃありませんw

日曜のコミティアの新刊の半分が家に届きました。
綺麗にしあがってて満足なのです。
ただ、コピー誌は無理そうです…すみません…。
あちか漫画を待っていてくださる方に心から申し訳なく思っているのですが、
お仕事の方が落ち着いたら思いっきり同人に打ち込もうと思っているのでもう少しお待ちいだだけると…。

拍手レスー
>16:59 いつも楽しく拝見しておりますvタンブラーは販売されているのでしょうか?
拍手お礼画面のタンブラー写真の事ですね?
昔作った事があるのですよー。
ただ、タンブラー自体が1000円以上するので気軽に作れないのです。
紙だけ売ってもなんだかわからないかもなーとか
実際に使ってくれるかわからないので意味がないかなーと思ったので
最近は作ってないのですー。

>13:43 いつも素敵なイラスト、楽しく拝見させて頂いてます!ところで、あみみさんは何でイラストを描かれて 13:44 いらっしゃるんですか?影はパスツールを使われているんですか?宜しければ教えて頂きたいです。
下描きからペン入れまではコミックスタジオで、着色はフォトショップ5.5を使っています。
影は普通にぐりぐり塗ってます。割と適当です。
パスなんかも使いこなせたらカッコイイなーと思っているのですが、なんだかよくわからなくて…。
髪の毛の光だけパスを使っています。…あまり上手く使いこなせてませんが…。

>10:18 今月もきららMAX買いました~vはずむちゃん可愛過ぎですvvvコミックスも期待してますv
ありがとうございますー。応援してくださっている方のためになるべく面白い漫画が描けるように頑張ります!

>3:58 いつもサイト楽しく拝見しています!紅茶のポットですが、私はガラスの急須型のを使ってます。
3:59 アマゾンかなんかですごくおススメされていたんですが、いいですよ!ハーブティーとかも中身が見れて綺麗で
3:59 切れちゃいました…つづき… 綺麗でおススメですよ!
4:00 マグでたっぷり2杯分は入るので、沢山飲めます。参考になれば~。
むーん。ガラスですかー。今までチェックしてませんでした。
中国茶とかに良さそうですねー。花の形のお茶とか。
ガラス製も視野に入れつつ探してみます。
別窓 | 手作り | コメント:0 | トラックバック:0 |
サブレナチュール
2008-01-24 Thu 00:37
サブレナチュール

フランスの家庭菓子の本のレシピを参考に作った「サブレナチュール」です。
アイスボックスクッキーみたいなものです。

こういうシンプルな材料を使った素朴なお菓子って大好きです。
失敗が少ないし、しみじみと美味しいし。
よくある作り方では、室温でやわらかくしたバターに砂糖を加えて混ぜていくものが多いのですが、
このレシピは小麦粉に冷たいままのバターを入れて、粉の中でヘラなどを使って切りながら混ぜていく方法でした。
バターを柔らかくして混ぜていく方法って、冬だと柔らかくなりにくいしちょっと面倒だなと思うことがあるので、
粉にバターを混ぜていくこの方法は気軽でいいですね。
スコーンとかもそういう方法ですが、この混ぜている時間が楽しいのです。

ある小学生向けのレシピ本には、バターが柔らかくなるまで手でこねても良いと書いてあって、
それも良い方法だなと思います。
もしかしたら邪道なのかもしれないけれど、手でこね合わせて作るのも楽しそう。
焼きあがったものを冷ます網がなければ清潔なタオルの上に置いても良いなど、
ちょっと作ってみようかなと思った子供が気軽に取り掛かれそうな本でいいですよね。
初心者なら楽しく作るのが第一だと思います。

このサブレナチュールはバターと粉と砂糖とアーモンドプードルと卵黄を使っていますが、
高校時代に見た本に書かれていたクッキーのレシピはもっとシンプルで、
バターと粉と砂糖だけでした。
でもその材料の配合が絶妙で、ビックリするほど美味しくて、当時はよく作っていたのに
しばらく作らないうちに配合を忘れてしまい、味が再現できなくなってしまったのです。
また作りたくて、クッキーのレシピを見つけると作ってみるのですが
なかなかその時のクッキーにはなりません。
甘いものが恋しいお年頃に食べたから余計に美味しく感じたというだけなのかもしれませんね。

拍手レスー
>0:33 毎月貴方の漫画が読めるこの幸せに感謝
ありがとうございます。頑張りますね!
別窓 | 手作り | コメント:4 | トラックバック:0 |
| えむでん | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。