あみみ個人ブログ。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 |
サブリエル
2008-07-31 Thu 01:44
サブリ
なんかブルーなレス書いちゃって反省したので明るい話題で日記書きます。
せっかく応援してくれたのにシュールって言われたのでダメなのかと勘違いしちゃってゴメンナサイ。
これに懲りずにまたコメントいただけたらありがたさ最上級です。

で、今日の日記は小説の感想です。
「サブリエル」っていう小説なんですがすごく面白かったので。
上の落書きもヒロインのサブリエルのつもりです。
実際は制服を着てたのは最初の方だけですが、なんとなく制服姿に。
しかもセーラー服じゃない気がしますがなんとなくセーラー。

最近ひどい肩こりになやまされていて、痛くてしょうがなかったので整形外科にいってきたんですが、
首の骨がちょっとずれてるのでそれが原因かもしれないと言われてリハビリしてたんですよ。
今はもう良くなったんですが、その整形外科に通っていた時に降りる駅の駅ビルで買った小説です。
買ったときはいい気分転換になったらもうけもの程度に思っていたのですが、
読み始めたら止まらない面白さでした。
近所に大型書店がいくつかあるので、面白かったら続きも買おうと思って上巻だけしか買わなかったのですが、読み終わってから即下巻を探し回りましたよ。
…でも近所の大型書店にちっとも置いてなくて弱りました。
なんか、マイナーな出版社から出てるっぽい…。
なので、わざわざ上巻を買った駅まで行って、そこで買ってきました、続編の「サブリエル」と「アブホーセン」も一緒に。

面白くてどんどん続きを読みたくなっちゃうんですが、忙しかったので泣く泣く中断をいれつつ読み進めました。
中断してもそこで飽きちゃうようなことも無く最後まで面白かったです。

どの辺に魅力を感じたかというと…。
これから読もうと思っている人がいるといけないので折りたたみます。
たいしたネタバレはしてませんが…。

主人公の女の子にはネクロマンサーの亜種(?)っぽい力を持っていて、
冥界の描写があるのですが、その描写が面白いなと思いました。
水が川のようにだーっと流れていて、第一門、第二門…というように冥界の奥に門がいくつも続いている。死んだものは奥へ奥へと流されていくという世界観らしいです。
で、時には門の奥の奥から生の世界へ戻ろうとする存在なんかもいて、主人公がそういう敵と戦ったりするんです。
門の奥の方はどうなっているのか、最初は描写されていなくて、ミステリアスで興味をそそられました。

「サブリエル」の最後の山場の盛り上がり方もすごく上手くて、
世界観が面白いだけじゃなくてお話のメリハリもいい感じでしたよ。

…ああー、私の文章じゃ面白さが全然表現できないー。
中学生のころ「魔法の国ザンスシリーズ」を読んだ時と同じくらいのワクワク感。私のベスト5にランクインですよ。
スポンサーサイト
別窓 | 落描き | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<お迎え | えむでん | 拍手レス>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック


| えむでん |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。